雪華幻影色のメモ的な

新曲公開しました。

雪華幻影色

http://soundcloud.com/airtoxin/diamond_dust

 

静かでオシャレ、Deepな感じの曲が作りたいなーと思って作り始めました。

途中から迷走し始めてなんだかダサい感じのトランスになってしまった…。

珍しく参考にした曲(パクろうとした曲)が無かったけれど、はたして。

とりあえず黒鍵だけ使ってれば和音鳴るでしょ的に全音黒鍵でできてます。そんな感じで作ったので相変わらずコード進行(でいいのかな)とかメモできません。

以下各音のメモ。

 

  • ずっとコード鳴らしてるオルガン

NEXUSのOrgan Bass1に3xOSCのDefaultパッチをかぶせてます。3xOSCの方はLFOでピッチを少し揺らしている。あとは両方ともピンポンディレイかけて、軽くリバーブとフランジャー通して音をゆらゆら。やっぱオルガンといったらこのゆらゆらですよね!

ベース的な音がサビでしか入らないので音は低めで、中低音を担当させ仮ベースにしています。

 

  • キック

キックの音程がなんちゃらとかいう話をきいてからそればかり気になって、コードと合わせて音程変えて鳴らしてます。けどボフボフ鳴っちゃっていまいちかも。

 

  • メロディー鳴らしてるベル

アタックと残響の成分に分けて作ってます。アタックと言っても音の芯を成してますが。

アタック成分方はAlbinoでモーフィングして崩した鋸刃2つを重ねてピッチをLFOで揺らしてます。でもそのままだと高音成分が多すぎてキンキンしすぎてるので、ローパスで500Hz辺りから高音をカット。けっこうバッサリいってます。後はノートのオクターブをずらして高音に持ってくることでキンキンしすぎない音にしているといった感じでしょうか。

残響はリバーブ成分的な感じで2本重ねたサイン波のアンプとピッチ、それぞれに微妙に周波数ずらしたFLOかけてモワモワさせてる。アタック成分と被って濁らせないようにアタックタイムを長めに設定。ノートも16分の1だけ後ろにずらして鳴らしてます。まぁこれはディレイ効果を付けるためのものですが。

 

サビで鳴ってるやつです。音は方形波をオクターブ違いで3つ重ねて軽くハイ削ってるだけ。ゲートパターンは16分音符29個分の長さのを書いて、それをエンベロープとしてミキサーのレベルにアサイン。盛り上げ要因なのであんまり複雑なことはしてない気がします。

 

  • 303ベース

これもサビで鳴ってる盛り上げ要因です。深めのローパスに軽くレゾナンスかけて、ぬぬねのぬぬねのしてる303っぽい音にした感じ。今さらだけどサイドチェーンさせてればよかったかも。

 

  • ジェット音とか

ジェット音とシンバルはXXX eraの時に作った奴が気に入ってたのでそのまま使いまわしました。と言っても、ジェット音のリリース部分でLFOが効き始めてフィルターの周波数を軽く揺らしてるくらいしかしてない気がします。

FLさんによれば製作時間12時間らしいです。もっと早く作れるようになりたいなぁ。

そしていま気づいたんですがサイドチェーンさせたコードパターンを鳴らすの忘れてました…。なんというミス。

全部でパターンが40個。そのうち21個がドラムパターン。忘れてたりボツにして使ってないパターンが10個ほど。使っているパターン数が30個ってのは自分の曲にしては割と多い気がします。

シンセは8台。これはいつもと同じくらいの台数です。

オートメーションクリップが11個。こんなところでしょうか。

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中