ZÈRTZ

#ZERTZ is a game about making sacrifices. So difficult and unique rule game! #boardgames #bgg

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

以前紹介したTZAARと同じGIPFプロジェクトのゲーム。こちらはGIPFTZAAR(TAMSK)、に続き第3段のZERTZ

#ZERTZ #boardgames #boardgame #bgg #abstract

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ゼヘツと読むらしい。

盤面がリングで構成されており、ゲームが進むにつれてリングが除去されるため強制的にゲームが終わりへと収束する。

ゲーム内容はリングの上に乗っているボールを規定の個数集めるというもの。

見た目のインパクトもあるが、’A game about making sacrifices !‘ という事で、勝つための戦略も非常に独特な物になっており遊ぶ人をとても選ぶ(気がする)。私は好きだけれど。

コンポーネント

盤面となるリングが37個、黒色のボールが10個、灰色(緑にしか見えない)のボールが8個、白色のボールが6個ととてもシンプル。どのボールもGIPFプロジェクトらしく、まだら模様になっていて良い感じ。

勝利条件

ボール3種類のうち何れかの色の過半数のボールを捕獲するか、それぞれを3個ずつ捕獲すれば勝利。

つまり、

  • 各種類のボールを3個ずつ
  • 白色のボールを4個
  • 灰色のボールを5個
  • 黒色のボールを6個

の何れかのセットを集めれば勝ち。3→4→5→6となっているので覚えやすい。

セットアップ

1辺が4つのリングで構成される正6角形を作り、最初の盤面とする。ちなみに拡張セットを買うとリングが増えるので変則的な盤面で始めることもできるようになる。

setup

初期配置

手番の行動

手番は順番に回る。自分の手番が回ってきたらまずボールの捕獲が出来るかをチェックする。もし捕獲が出来るのであれば、ボールの捕獲を行って手番を終了する。そうでない場合はボールの配置とリングの除去を行って手番を終了する。

ボールの捕獲

ボールの捕獲はチェッカー式で、2つのボールが隣り合っている状態で、しかも一方のボールが他方のボールを飛び越える事が出来るのであれば捕獲が可能な状態となる。

また捕獲を行ったボールで更に捕獲が行える場合はそれも続いて行わなければならない

捕獲可能な状態

捕獲可能な状態

この図だとαとβが隣り合っている。αはβを飛び越えた先のBに移動が出来るためβの捕獲が可能な状態で、逆にβはαを飛び越えてAに移動ができるためαの捕獲が可能な状態にある。

もしαをBに移動してβの捕獲を行った場合、Bの地点に移動したαは更にγの捕獲が行える状態に有るため捕獲を行いCに移動しなければならない。

ボールの配置とリングの除去

こちらは2つの行動を連続で行う。

ストックから好きなボールを1つ選び、まだボールが置かれていないリングの上にボールを配置する。その後、盤面の外周に有るリングを1つ選びゲームから除外する

ボールの配置とリングの除去

ボールの配置とリングの除去

リングの除去はスライドして除去できる(他のリングに引っ掛からない)という条件があって、そのためAのリングは除去することが出来ない。これはHiveとかでも使われている六角形タイルの移動ルールになっている。

基本的にはこの手番の行動2つと勝利条件でゲームが成り立っている。

読んでいて気がついたかも知れないが、自分の行動が直接的に自分のボールの捕獲行動に繋げる事ができないので難しい。自分がボールを捕獲できる状況にして手番を終了しても、そのボールを捕獲できるのは相手で、相手の捕獲行動の結果として自分がボールを捕獲できる状況になっている様にしないと、相手にボールを捕獲させて得をさせるだけの無意味な行動になってしまう。

abcb

例として一番簡単な捕獲の例をあげると、自分がαを置いてAのリングを除去して手番を終了すると、相手はαでβを飛び越えてβを捕獲しないといけないので、相手はβのボールを捕獲しαがBに移動して手番が終了する。自分の手番が回ってきた時にBに移動したαはγによって捕獲できるので、自分はγをCに移動しBのαを捕獲して手番を終了する。

という感じになっている。常に3手番先を読まないとゲームとして成立しないのが難しい。

また特別な状況のルールとして盤面がボールで埋まった際のルールと、ストックのボールが尽きた際のルールがある。

盤面がボールで埋まった際にはその手番プレイヤーがその盤面上のボールを全て捕獲する。これは盤面が分断された際によく適用されるルールで、盤面が2つ以上に分断されてもそのままゲームは続行するが、大抵の場合大きい盤面と小さい盤面の2つに分断される。更に言うと小さい盤面は既にボールで埋まっている事が多く、そのまま手番プレイヤーが小さい盤面のボールを捕獲して終了するという事が結構起こる。

盤面の分断

盤面の分断

手番プレイヤーがαのボールを置いてAのリングを除去すると盤面が二つに分断される。小さい方の盤面は既にボールで埋まっているので手番プレイヤーがαとβを捕獲して手番が終了する。

という感じ。

また、ストックのボールが尽きた場合は、ボールの配置を行うときにストックからではなく自分の捕獲したボールから盤面に配置しないといけない。まあ滅多に起きない。

ルール説明が長くなってしまったが、相手に価値の低いボールを捕獲させて自分は勝ちの高いボールを捕獲するというのが基本戦略。その独特の考え方が必要なのに加えて、何と言っても最低3手番先まで読まないといけないのが難しい。

慣れた人同士でやると白熱した戦いになってすごく面白い。リングが除去されてゆくのでゲームが強制的に収束し、ゲーム時間が長くても30分程で終わるので難しい割に手軽にできて良い。紙のボードがないのでインテリアっぽいところも良い。

オンライン対戦はBoardSpace.netで出来る。botとも対戦できるので一度やってみて欲しい。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中