nestorgamesからゲームが届いた

彼女がオープンなゲーム会でnestorgamesというゲーム会社について仕入れてきた。
サイトを見たところかなりイケてる見た目のアブストラクトを主に出しているようで、一目惚れしたので幾つか注文した。

買ったのは

UNITY

twigs

MINOA

Cairo Corridor

pent up

の5つ。合計で14,000円くらいしたので1つ3,000円しないくらい。
注文は日本への配送も問題なく選べたし、PayPalでトラブルもなく出来た。
どうやら注文された商品はその時点から作成されるらしく、発送までに2週間くらいかかったが、そっからは1週間程度で届いた。

(こんな感じの袋に入れられてゲームが収納されてるので土嚢シリーズと呼ばれているらしい…)

ゲーム全体の印象としては、小さくまとまっていてワンアイデア毎にゲームにしたようなものが多い。
ルールはシンプルで大体は1ページに収まっている。
あと思っていたよりも駒やボードが小さく、minoaやUNITYなんかはちょっとやりづらいなと思った。
後半の写真でボードが13インチMacbookの上にちょうど収まっているのがわかるので大体サイズがイメージ付くかな…?

 

pent up

#pentup #nestorgames #bgg #boardgamegeek #boardgames #game

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ペントミノ型の駒を交互に置いて、全て置き終わった時に一番上に置いているコマの数が多い方が勝ちというゲーム。
上における場合は置かなければならず、置く場合は下の駒からはみ出してはいけない。

黒と白のスモークかかった駒がかっこ良く、インテリアとしても有りそうな感じがする。
ペントミノのそれぞれの四角形は2cmない位のサイズなので、↑の終了形は手のひらに乗るくらいのサイズになっている。
正直、片手で握って十分な存在感があるくらいのサイズを考えていたのでちょっと拍子抜けだった。

ゲームとしてはしっかりとした面白みがあって十分に考えさせられる。
同じルールで駒が六角形になったsevenってのもあるけどまあコレ持ってればいいかなという感じがした。

 

minoa

#minoa #nestorgames #boardgames #boardgamegeek #bgg #game

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

三角形のマスを仕切る黒い壁か、ボードの外周に置く自色の駒どちらかを交互に置いてゆく。
全てのマスは必ずどこかの外周に繋がっていなければならず、しかもその外周の辺は全て同色になるように仕切られていなければならない。
全てのマスがどちらかの色の辺に接続状態になったら終了で、最も大きな領域を持っていたほうが勝ちになる。

1回しかやっていないが、序盤に自色の駒を置いてしまうと相手に小さく領域を切られてしまうので、ある程度の領域確保が見込める状態になるまでは壁を起き続けるべきかなと思った。
動き方が難しい。

 

twigs

#twigs #game #bgg #boardgamegeek #boardgames #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

120度の角度で棒が5つ繋がった形状の駒(枝)を繋げて領域を作ってゆくゲーム。
枝を繋げた時に周りが囲まれた領域ができたら、その領域を作っている辺が多い色がその領域を支配する。
すべての枝を置ききったらゲーム終了で、支配している領域の数が多いほうが勝ちとなる。

見た目が格好良かったので買った。
こういう六角形が出てくるゲームは得意だと思っていたが、実際にやってみると枝がどう繋がるのかあまりイメージが出来ず、場当たり的に置くことしか出来なかった。
(出かける直前で初めてしまったので焦っていたのも有るかもしれないが)
ゲームとしてあまり相手がいる方向に枝を伸ばす意味があまり見いだせなかったので、そうなってしまうと自分の領域でいかに最小の六角形領域を効率よく作るかというパズルになってしまい残念。
相手の損が自分の利益なので、上手く相手が領域を作るのを阻止するようにおければそれでいいのだけれど…

 

UNITY

#unity #bgg #boardgamegeek #boardgames #game

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

見た目が華やか。というかもはやうるさいレベル。
2人か3人ででき、自分の担当色の駒全てを繋げた状態にすれば勝ちというゲーム。

自分の手番には駒の移動か捕獲(除去)か壁の設置ができる。
移動は直線上の空きマスまで移動でき、捕獲は駒が◯なら自分とその周りの駒全てを、*なら自分とその直線上(6方向のいずれか)の駒全てをゲームから取り除き、壁は移動や捕獲をそこで止める役割を果たす。邪魔
移動は分断されてしまっている自分のグループをまとめるために行うべきで、捕獲は自分のグループそのものを無くすために行うべき、という旨のヒントペーパーが付いていた。まあそうだね…という内容。何故このゲームだけに…

盤面がごちゃごちゃしている上に駒が小さいのでかなりやりづらい…。

 

Cairo Corridor

#cairocorridor #abstruct #nestorgames #game #boardgames #boardgamegeek #bgg

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

カイロ回廊(回廊?)(廊カイロ…?)(ww?w)

交互に駒を置いてゆき、ボード端上下左右を繋ぐ1マス分の空き道ができたらゲーム終了。(どうやっても道が出来ないような駒の置き方は禁止されている)
その道に接する自色の駒の数が多いほうが勝ち。

駒の形が面白かったので買ったのでそこまで期待してなかったが結構面白かった。
道がどういうルートをたどるかは結構ダイナミックに変わるので、駒を置くときは自分の駒の隣が空き道になるように置くのではなく、相手の駒の隣が空き道にならないように駒を置くのが楽だった。

駒が黒と赤でいい感じなので終了時のボードがかっこ良くて良いし、良い。

 

ブランドとしてゲームの袋が統一されており、幾つも集めたくなる気持ちも分からんでもない。
また幾つか試してみたくなったので、次はとか含めて注文したい。

 

広告

3件のコメント on “nestorgamesからゲームが届いた”

  1. けがわ より:

    こんばんは。以前のラブストラクトを見に行って、こちらを見つけました。
    ネスター結構買ってますね。この5つだとペントアップが一番好きです。

    いろいろオススメもあるので、今度一緒に遊びましょう。

    • airtoxin より:

      こんにちは!
      僕もペントアップが一番好きでした。
      また新しく買った物についても書いている途中です。

      また遊べるのを楽しみにしています!

  2. […] 以前買ったnestorgamesが送料無料キャンペーンをやっていたのでまた買ってしまった。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中