最近やったゲーム

あまり平日には遊べて無くて、休日にガーッと遊ぶのが多かった。
特にけがわさんに誘われた土嚢会は一日中アブストラクトゲームを遊ぶという頭のおかしい会で、完全に最高だった。
今週末も来週もゲームの予定あるのでまだ増える気がするけどとりあえず。


Akron

#akron #bgg #abstract #abstractstrategy #boardgames #boardgamegeek #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

赤と白が別々の対辺を繋ぐのを目的にしている。4×4の球の上に更に球を載せることも出来る。
土嚢会で4回か5回プレイした。
最初のプレイではボードの縁がコネクション切れないので強いと思ってプレイしていたが、けがわさんにボコボコにされたので、2回目以降は無難に中央付近からからした。
1回目のプレイは単純にボードの一番隅から初めてしまったのが良くなかった気もする。


Mixtour

#mixtour #boardgames #boardgamegeek #bgg #abstract #abstractstrategy

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

気になってたやつ。土嚢会でプレイ。
移動先のスタック数だけ離れたマスから移動が出来るというかなり変則的な動きをするコントロール系。
4回やったが、どれもタワーを分解できるというルールを忘れてたので次はちゃんとやりたい。


RED

#red #boardgames #boardgamegeek #bgg #abstract #abstractstrategy #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

3人専用のゲーム。気になっていたやつで、土嚢会で初プレイ。
丸と四角の繋がりの数を掛けたものが得点になるのでどちらもバランス良く伸ばす必要がある。でかいタイルは2マス分として数えることが出来る。
3人なのでYavalathの3人ゲームみたいに攻防の押し付け合いがあるのかと思ったが、タイルの接地面がかなりでかいのであまり相手の手を防ぐみたいなことが出来ず、自分の得になるようにタイルを置いてゆけば勝つ気がしてしまった。


YINSH

平日のどっかでも2回遊んだ気がするがログ付け忘れてしまった。土嚢会でFisheryの作者の土井さんとプレイ。
土井さんはかなり鋭い手が多く、序盤は僕のリングの動きがかなり制限されてしまってつらい戦いだった。
土井さんが2個目のリング除去した後に僕がリング除去で出来た空きマスの先に3つ目の4連を作ってなんとか勝てた。
YINSH、好きだけどどうしても場当たり的な攻防しか出来ないのでもうちょっと鍛えてゆきたいが、1手2手先の白黒反転の想像が難しい……。


TZAAR

引き続き土井さんとTZAARもプレイ。
こちらもかなり鋭い手が多くて苦戦した。終盤までゲームが進んで僕の動きがかなり制限されてしまう。このまま僕の手詰まりで終わるかと思いきや相手の二重丸の駒を取り尽くしてなんとか勝てた。
やはり面白い。


Palago

#palago #bgg #abstract #abstractstrategy #boardgames #boardgamegeek

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

これもやりたかったやつで、土嚢会前にリクエストして持ってきてもらった。
全て同じ模様のタイルでできてて美しい。ゲームは自分の色の領域を閉じたら勝ちというもの。
だいたい想像どおりの感じだった。こういう模様系のゲームはとりあえず欲しくなってしまう。


Hokito

#hokito #boardgamegeek #bgg #abstract #abstractstrategy #boardgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

かなり手作り感のあるコンポーネントだった。ゲームとしてはボードがリング状に一直線になったDVONNみたいな感じ。全然違うけど。
駒に引いてある線がそのスタックの移動力になっており、空いたマスは飛ばして数えるので序盤で動けなくても中盤以降に盤面が空いてから効いてくる みたい絡みがあって面白かった。


Hex

#hex 14×14 acrylic board! #boardgamegeek #bgg #abstract #abstractstrategy #boardgames #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

nestorgames版の特注アクリルボードでプレイした。かっこいい。


Claim

#claim #abstract #abstractstrategy #boardgames #boardgamegeek #bgg

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ボードの外周から自分の色の柵を差し込んで領域を囲うゲーム。
領域ができた時に領域を作る柵の本数がトップの人がその領域を確保できる。
領域確保のあとにその周りの柵を全て中立にするので、別の領域のマジョリティにも影響があったりして面白い。
相手の柵を利用しつつ上手くマジョリティを守り抜くという感じ。
温かみのある自作ボードでやった。


ConHex

#conhex #abstract #abstractstrategy #boardgames #boardgamegeek #bgg #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

最近やった中で一番のヒット。
それぞれが違う方向でボードの対辺を結ぶのが目的。対辺を繋ぐ長方形の駒を置くにはそのエリアの周りにある点で半分以上自分の駒を置かなければならないというもの。
コネクション系は駒の強さが無くて、このマスに置くとどう効いてくるのかというのが分かり難い事が多い(それが醍醐味でもあるけど)。
コンヘックスは駒がどこに効いてくるのかひと目で分かりつつも、コネクション系の大局観もちゃんとと残っていてバランスの良さを感じる。
次nestorで注文するときは絶対に買いたい。


そのほかに土嚢会の参加者が考えたゲーム(自作)を5個くらい遊んだ。
自分も1つ持っていって、かなり良いフィードバックが得られた。


Army of frogs

#armyoffrogs #boardgames #boardgame #bgg #boardgamegeek #abstract #abstractstrategy

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ゲームショップで安売りしてたから買ったやつ。
毎ターン手持ちの駒2つから1つ配置して動かす(正しくは動かしてから配置)。
自分の駒が7個以上盤面にある状態で全てつなげれば勝ちというゲーム。
手駒の補充がランダムなので2人でやるとランダム性大きすぎる気がするし、駒をつなげるのも簡単なのであまりおもしろくなかった。4人でやってみたい。


Cottage Garden

#cottagegarden #bgg #boardgamegeek #boardgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ゲームマーケットで買ったやつ。ウヴェの新作。
最近好きなのか、パッチワークみたいな形の駒を置いてくやつ。
80ターンを人数で割った分の手番を淡々とこなしてゆく感じであまり盛り上がり感は無い。
ただコンポーネントの見た目は最高なのでまあやってもいいかなくらい。
パズルっぽいしこどもと遊ぶ知育ゲームみたいなのとして良いかもしれない(適当)。


ICE COOL

#icecool #boardgame #bgg #boardgamegeek

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

ペンギン型の駒を弾いてやる鬼ごっこ。
面白さはまあ想像どおりという感じ。
駒の上部をうまく弾くとジャンプ出来る点が他のおはじき系とは違う。
あとルールブックがかなり楽しげで良かった。


Fishery

#fishery #abstractstrategy #boardgame #bgg #boardgamegeek #abstract #abstractstrategy #nestorgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

最初に船を置ききったあと、駒(綱?)を置いて確保した領域の広さを争う。土嚢会で一緒に遊んだ土井さんのゲーム。
領域はその中の船の個数で所有者が決まる。
序盤のふんわりとした領域争いからの確定までの流れがとても上手くて囲碁を感じる(そんなに囲碁やってないけど)。
船は必ず外周に到達できるようにしか駒が置けないので、それによって通路が出来ると領域の確定ができたりする。これが本当に面白い。
これも最近の中ではヒット。


Ni-ju

#niju #bgg #boardgamegeek #abstract #abstractstrategy #nestorgames #boardgames

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

4つの四角が描かれたタイルを順番に配置し、四角の先のタイルを全て自分の色に出来たら勝ちというゲーム。チップが乗ってるタイルはもう勝利条件を満たせないタイルの目印というだけ。
タイルが20種類有るためニジュウ。
見た目がおしゃれでそういうのに惹かれがちなので買ってしまった。結構面白いとはきいていたけど個人的にはいまいちだった。
うまく攻防するのが難しく、全てのタイルを置ききったあとで移動が許可され始めてからが本番という感じで、前座部分がが長い。


Amoeba

#amoeba #boardgames #nestorgames #abstractstrategy #abstract #boardgamegeek #bgg

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

写真だと分かりづらいけど各プレイヤーが1つだけギザギザの形をしたカーネル駒を持っていて、相手のカーネル駒を自分の支配下に置けば勝ちというゲーム。
駒をスタックでき、スタックした駒はスタック全体ごとその高さの分だけ丁度動くか、スタックを崩しながら動かすことができる。
こういうスタックを崩す系のやつは安定して面白い気がする。
自分は移動不可なスタックをつい作ってしまったりスタックしか動かせないようなゲームだとスタックが上手く作れずに手詰まりになるみたいなことが多いのであまり強くはない…。でも好き。


Gagario

#gagario #bgg #boardgames #boardgamegeek

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

賽苑のゲーム。
2人用で十数枚しか無いカードを使ってブラックジャックをやるみたいなゲーム。
場に出てるカードが上限値で、手札からカードを出して上限をあげるか、場からカードを取って上限を下げるかが出来る。
カードを出せば上限は上がるのに手持ちのカードの合計値は下がってしまうし、場からカードを取れば上限は下がるが自分の合計値は上がってしまうというジレンマ。
少ない枚数でバチッとゲームデザインがきまっててかっこいい。見た目も。
何回か遊んで得点を競う系だけど1ゲームが短いので手軽に遊べるのも良い。


Elements

#elements #bgg #boardgames #boardgamegeek

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

またElementsという名前のゲームが世に増えてしまった…。
これも賽苑のゲームで、クメルというやつのリメイク版になる。
システムがガガリオとそっくりで、ガガリオのリメイクだと勘違いしてたけどクメルです。クメルでした。
ゲームとしてはカード枚数が増えたガガリオという感じで、数字の合計を出すのが大変になったし、どのカードを相手が持ってるのかの予測もつけづらいため読み合いもあまりできず。
ガガリオの方が圧倒的に好きだった。


Can’t stop

#cantstop #bgg #boardgames #boardgamegeek

A post shared by airtoxin (@airtoxin) on

名前の通り、バーストしないように手番を繰り返すチキンレース系。
昔のゲームのリメイクで、プラスチックで標識っぽいダサいボードから、布製でシックなのにカラフルなボードへと変わった。ゲーム内容は変わらずで、まあバースト系だし安定しているよねという感じ。


 

おわり

https://boardgamegeek.com/plays/thumbs/user/airtoxin/subtype/boardgame/start/2016-12-01/end/2016-12-31

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中